品質管理課の近況報告

こんにちは。弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。
品質管理課の斉藤と申します。
3月に入り日中は暖かい日も多くなってきましたが、朝夕はまだまだ寒く
体調管理が難しい時期ですね。TVやネット等で色々な健康法が紹介されて
いますが、自分に合った物があれば取り入れたりしながら健康的な毎日を過ごして
いきたいですね。

さて、品質管理課初回の投稿ということで、まずは品質管理課の紹介をしたいと思います。
主な作業は製品の検査及び出荷作業で、品質管理に携わって20年以上の女性4名で
行っております。

弊社の製品は、プレス品・溶接品・曲げ加工品・ガラス封着品・微細加工品等々、形状や
加工条件の異なる製品が多く、要求される品質も様々ですが、図面、手順書を基に確実に
外観・測定検査を行っております。
また、2年程前より検査技量を活かして他社製品の測定検査を請け負っております
検査作業でお困りのことがありましたらお問い合わせ下さい。お待ちしております。

それでは最後まで読んでいただきまして有難うございました。
測定検査
測定検査
測定検査

美作製造課の近況

みなさん、こんにちは。
今年は、冬季オリンピックの年、日本選手の活躍に歓喜し、冬季最多のメダル獲得で
平昌オリンピックは閉幕。これから始まるパラリンピックには、岡山県北出身で
バンクーバー大会クロスカントリー金メダリストの新田選手が出場します。
平昌でも、メダル獲得が期待されていますので、応援していきましょう!

さて今回は、弊社美作工場を紹介したいと思います。
美作工場では、主に塑性加工製品の生産をしております。中でもプレス加工は歴史が
古く、創業当初より培われた技術で、現在では、家電、車載部品、建設機等様々な
部品の生産を行っております。
メンバーも、この道20年以上の戦士でありますが現状に満足せず、いまだ日々、
新たな事に挑戦し続けています。
今後も、精密順送加工から単発加工まで、どのような製品でも迅速に対応できる体制で
おりますので、皆様、一度お話だけでもいただけら幸いでございます。

3月に入り、三寒四温、日々春めいてきますが、体調を崩しやすい時期でもあります。
気を引き締め、頑張っていきましょう!

塑性加工

津山製造課の近況

ホームページをご覧いただきまして有難うございます。
津山製造課の直本(じきもと)と申します。
このところ毎日気温が低く、冷え込んでいますね。
みなさま、体調などお崩しになられていないでしょうか。
適度な運動やバランスのとれた食事などを心掛け
資本となるからだを何よりも気遣っていきましょう!

さて津山製造課の近況ですが、既存製品に加え微細加工等の新規案件も
少しずつですが増えており、中々に忙しく充実した毎日を送っております。
そんな毎日を送る中、どうすれば良品率(歩留まり)を上げる事が出来る
のか、お客様の納期に対応出来るのか等、常に課内でコミュニケーション
をとりながら製品生産を行っております。

12月、1月は社内でインフルエンザが蔓延し、作業者が数日離脱する
などのトラブルがありましたが課員並びに他部署から応援をいただき、
スムーズに対応が出来ました。
そんな従業員の姿を見て、改めて「結束力のある仲間たちだ!」
我ながら痛感している次第です。

また、新規品の取り込みを弊社技術課、営業課にて尽力しておりますので
今後さらに製造課は忙しくなるのではないかと思っております。
実は津山製造課の精鋭は、忙しければ忙しい程、燃える者たちです。
(少々Mっ気があるのかもしれませんが・・・)
ですので、皆様からのお問い合わせ並びにご注文が私たちの喜びとなります。
今後も新しい技術・ご提案をホームページで発信していきますのでお気軽に
お問い合わせいただければと思います。

微細加工